【漫画】ずっとのおうちが見つかるまで〜ノラネコの30日間〜

我輩はノラネコである。

名前はまだない。

ずっとのおうちが見つかるまで

ノラネコ時代

 

保護猫時代

 

保護猫譲渡会

トライアル

 

ずっとのおうちが見つかった日

漫画を読んでくださったみなさまへ

「ふぁみにゃーと〜ずっとのおうちが見つかるまで〜」を読んでくださりありがとうございました。

ツイッターとインスタで30日間投稿していました。

いつもいいね、コメントをくださったおかげで最後まで描くことができました。

保護猫譲渡会に行こうと思ったきっかけ

2019年12月、わたしのおうちに一枚のチラシが入っていました。

そこに書かれていた文字は「保護猫譲渡会」。

はじめて聞く言葉でした。

家族にたずねてみました。「保護猫譲渡会があるねんて〜写真の猫かわいいなあ」

すると夫は「行ってみる?」娘は「行く〜!」

ノリ軽っ。

こうして下調べも何もせず保護猫譲渡会という場所へ行くことになりました。

保護猫譲渡会当日

2020年1月19日(日)。12時〜15時まで保護猫譲渡会が開催されていました。

この日は大盛況だったようで開催時刻前から並んでいたようです。

そんなことをわたし達家族は知るわけもなく、のんびりと出かけました。

保護猫譲渡会には猫ちゃんが20匹ぐらいいました。

わたしは白い猫ちゃんかわいい〜と思いましたが、すでにエントリー済。

ちょっと残念だなあと思っていると、娘が茶色の猫ちゃんを抱っこしていました。

保護猫譲渡会

この茶色の猫ちゃん(ファミちゃん)を保護したおばちゃん登場。

「猫ちゃん飼ったことありますか?」など軽い質問の後にファミちゃんのプレゼンが始まりました。

「サビ猫は賢いですよ。中でもファミちゃんはとても人懐っこくて賢い猫ちゃんですよ。うちに保護猫がたくさんいるんですけど誰とも喧嘩せずみんなと仲良くできます。保護猫の中でもトップクラスで賢いです。」

おばちゃんと1時間ほどお話しました。

その間ファミちゃんはずっと娘に抱っこされていました。

よしよししても、肉球を触っても全く怒りません。

1時間以上抱っこしていたので娘はあたたかくなって汗びっしょりになっていました(*´∀`*)

「ものすごい懐いていますね。2週間トライアルしてみますか?」

娘がファミちゃんのことを気に入ったのもあり、かわいくて賢くて人懐っこいファミちゃんをトライアルすることにしました。

トライアル初日

トイレ、砂、ごはんを用意してファミちゃんが来るのを待ちました。

おばちゃんがファミちゃんを連れておうちに来てくれました。

ケージの中から出てきたファミちゃんはキョロキョロ。

そして2階へ猛ダッシュで駆け上がりました!

 

めちゃめちゃ警戒していますw

 

娘ちゃんが話かけています。

 

ご飯を置いてみました。5時間ぐらい全く動きません。

 

次は液晶タブレットの後ろにある棚へダッシュ!

 

気に入ったようなので毛布を敷いてみました。

少しずつ距離が縮まっていく

ボールで遊んだり、猫じゃらしをしたり少しずつ仲良くなっていきました。

(↓この写真のぬいぐるみ、ファミちゃんに似てません?)

ずっとのおうち

無事にトライアル終了し、正式譲渡となりました。

ファミちゃんのずっとのおうちです!

ようこそ我が家へ!

 

もう腹を出して寝ていましたw